ソフトウェア

iTunesライブラリは外付けHDDがベストなのか

iTunesライブラリってどこに保存してます?
ローカルストレージ?外付けHDD?それとも最近流行りのNAS?

私は現在外付けHDDに保存しています。Macのローカルだけじゃ肥大化するiTunesライブラリの容量に対応できなくなり、最初はローカル500GB→容量増設のため1TBに換装→スピードを求めて256GBSSD→容量が圧倒的に不足したので外付けHDD1TBに保管。←いまここ

外付けHDD1TBで満足して
「これでもう環境は整ったし弄るところはもうないかな。」と考えていました。

・Apple TVの不調

最近まで順調に動いていたApple TVのホームシェアリングが動かなくなり、色々試しているうちに外付けHDDにライブラリを移したことで重くなっている気がしてきたんですね。

すべてのライブラリを外付けHDDに移す前はローカルSSDに良く使う曲、外付けHDDに動画+BGM曲という風にライブラリを2つに分けていました。更にSSDの容量が足りなくなったため容量を500GBSSDに換装するかライブラリをひとまとめにして外付けHDDに移すかで迷ったんですね。
ケチって今ある物で済まそうとひとまとめにして外付けHDDに移しました。

・結局ライブラリはどこに保存するのがベストなのか

まず可能な選択肢として

・ローカルストレージ
・外付けHDD
・NAS

以上の3つの選択になると思います。

・ローカルストレージ



iTunesライブラリの容量が比較的少ない人向け。もしくは大容量SSD or HDDを搭載していて空き容量がある人。メリットはライブラリへのアクセスが速いこと。できればローカルストレージが一番いい。

・外付けHDD

最近の流行り。というより容量が多くなってきたため仕方なしに外付けHDDに移行する人が多い。メリットは本体容量を圧迫しないこと、必要な容量を選ぶことができること。ただ、アクセスが若干遅くなるためメディア情報の編集を行う時少しもたつく。
あとMacを外に持ち歩く時iTunesライブラリがお留守番になること。外出先で動画編集の作業を行う時かなり困る。というか困った。外付けHDDをためらう理由の一番はこの外出先に外付けHDDももって出ないといけないこと。重量的に現実的ではない。

・NAS



これも最近流行ってきましたね。正直かなり便利だと思う。同時に複数台のPC・Macからアクセス可能。外出先からもアクセスできるしiTunesライブラリの保管以外にも多様な使い道がある。Time Machineにも使えるし、iPhoneにDLNAクライアントアプリを入れることでApple TVにホームシェアリングを使うこともできなくもない。
ここまで便利なものを使わない手はない。と言いたいけど躊躇している理由があるんです。

・まず、電気代は安いから気にならないとして冷却ファンが回っていること。
・値段が高い。
・アクセスが外付けHDDより遅い。最近の機種はかなり速くなったらしい。

メリットを使い切れないなら外付けHDDのが安いので外付けHDD買っちゃおってなりました。NAS欲しいけど!



この記事書いてたらNASが欲しくなってきました。許可が降りません。もうちょっと安かったらQNAPのNASキット買うのに…

コメントを残す

*