マウス

ロジクールG300Sを快適なブラウザ操作用に設定する

一日中、仕事でPCを使う職場に転職してからというものの、せっかくPCを業務で使うのだから家電販売員の知識を活かしてなんとか仕事を効率化できないかと常に考えておりまして。
まずは使用しているPCの周辺機器から手を加えていきます。

PCを使って仕事されている方はマウスとキーボードを一番酷使しますよね?
大学の時に読んだ本(タイトルは忘れました)に書いてあった「人生において、一番身近に使うモノにお金を使いなさい」という一文が今も忘れられず、普段の生活からよく使うものを優先してお金を使うようにしています。

今回、職場でのお話なので毎日使うマウス・キーボードの中でもマウスに焦点を当てて記事を書きたいと思います。

まずは私の職業ですが、WEB関係の仕事をしておりまして、サイト制作はもちろん社のセキュリティ部門も兼任しておりますのでHTMLなどのコードを書いたり、Excelを使用する頻度が非常に高いのです。業務の中でウェブブラウザを行ったり来たりする作業が何回も発生するイメージです。
PC操作もそうですがプライベートでも活用できるウェブブラウザーを便利に操作するための設定をご紹介します。

G300S/ロジクールを購入

職場で私が使用しているマウスがロジクールから販売されています、「G300S」というゲーミングマウスです。
こちらのマウスの特徴ですが

設定可能な9つのボタンを搭載

キーボードショートカットやマクロがボタンに設定できます。これがこのマウスを購入した一番の理由でもあります。

オンボードメモリー搭載

職場でソフトウェアを自由にインストールできる場合って少ないと思います。なので自宅で設定してマウス本体に覚えさせれば、職場に持ち込んでPCに接続するだけで設定したマクロなどが維持されたまま使えるんですね。最高です。

高耐久設計

言わずもがな、壊れにくいマウスがいいです。自宅と違い職場は恐ろしいほどにマウスを酷使しますので壊れるたびに買いに行くのは手間ですから。

上記3点がG300Sの特徴であり、私が購入した理由です。まぁ、3000円を切るという驚異的な価格の安さも理由なのですが。
ここでどなたかは

「え、職場でゲーミングマウス?」

そう思われた方が少なからずいらっしゃるんじゃないかと思います。実際、家電販売員をやっていた時も売り場で何回も「なぜ?」と聞かれました。
ゲーミングマウスはゲームでしか使えない訳ではないのです。むしろ、ゲームを効率よく操作するために開発されているが為に、仕事でも快適かつ効率よく操作できるという訳です。
では早速、私の設定をご紹介しましょう。

G300Sのボタンにショートカット・マクロを設定する

各ボタンの割り当て

  1. ブラウザ戻る
  2. ブラウザ進む
  3. コントロールキー
  4. ブラウザTAB切り替え
  5. コピー
  6. ペースト

何回か試行錯誤した結果、この割り当て設定に落ち着きました。
最初「コントロールキー+Fキー」でサイト内検索を設定していたのですが、使用頻度でブラウザタブの切り替えの方が多かったのです。

「あれ?マクロは設定しないの?ショートカットだけ?」

実はマクロなのですが、キーボードに設定してあります。キーボードを入力している時にマクロを使う機会が多い為キーボード側にマクロを設定しております。

「そもそもマクロって何ですか?」

マクロについては別の機会に。簡単に説明すると、自身が行なっている一連の操作を記録してボタンを押すだけで再現できる機能です。
業務の中で何回も繰り返す作業って絶対ありますよね?それをボタン一発でできてしまう機能です。
他の社員と作業効率において圧倒的な差をつけることが可能ですので、是非やり方を覚えましょう。またの機会に紹介させていただきます。

このマウスを職場に持ち込んで上司の方々にどんな反応を受けるかは職場環境次第ですね。
私の職場は「すごいな。いいんじゃない。」という賛成意見が非常に多かったため助かりました。

「楽をしようとしているのか!けしからん!」
「何だねそのピカピカ光るおもちゃは!遊びにきているのか!」

あなたの職場環境次第です…

コメントを残す

*